文字サイズ:

スタッフブログスタッフブログ


記事タイトル一覧

美術館に行ってきました

2018年07月14日

こんにちは。生活期支援ケアチームの菅原将です。
この度、広報委員会の委員長となりました!(^^)/
小名浜ときわ苑の最新情報を発信していきますので、よろしくお願いします。

梅雨が明け、とても暑い日が続いています。
皆さん体調は大丈夫でしょうか?
私の周りでは風邪を引いてしまった人がちらほら…(´;ω;`)
お身体には十分気お付けて過ごしください。

先日、外出レクリエーションの一環で【いわき市立美術館】へ行ってきました。
美術館では、高倉健追悼特別展の展示をしており、利用者様は各々に思い出を話したり、
嬉しさのあまり泣き出してしまう方もいました。
たっぷりの時間を使い、展示を楽しんだ帰り道では、
「楽しかった(^^♪」「また行きたいね(^^)/」とのお声がきかれ、とても喜んで頂きました。
これからも外の空気を感じる機会を設け、利用者様に楽しんで頂ける支援をしていきたいと
感じました。

                      生活期支援ケアチーム 介護福祉士 菅原将

春、到来☆

2018年03月30日

こんにちは。在宅支援リハビリテーション部の石井光雄です。

最近暖かい日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
桜の花も徐々に開きはじめ、心落ち着く景色が広がり始めていますね。

当苑通所リハビリテーションでは、年間を通して壁画の作成をしています。

今回は、「春」ということで…、お花紙を用いて、枝垂桜を作成しました。

お花紙をねじったり、しばりつけたりして指先や手をいっぱい使いながら
利用者の皆さんが楽しそうに作業に取り組んでいました。

他の利用者の皆さんさらも季節を感じられてよかったとの声もたくさんいただきました。

さて、次回はどのような壁画が出来上がるのでしょうか。

楽しみですね。


                     在宅支援リハビリテーション部 石井光雄

感染委員会の活動について

2018年02月21日

こんにちは( ˘ω˘ )


事務部の田中加苗です.


最近、めっきり寒くなり、あまり雪が降らない【いわき】に
雪がちらついていましたね⛄❄
この時期は、感染症も流行ってくる時期です。


今日は、小名浜ときわ苑で感染症対策を考え、活動している
感染委員会についてご紹介させていただこうと思います😊✨


感染委員会では、感染の予防について日々、活動しています。

今現在は、小名浜ときわ苑内で感染が蔓延しないよう
【手洗い】【消毒】は、もちろんですが、
オムツ交換時の手袋二重、排泄用エプロン着用の
徹底に力を入れています。


また職員だけではなく、この時期は、
ご面会に来ていただいているご家族様にも
手消毒、マスク着用のご協力をいただいております。

いつもご協力ありがとうございます。


感染委員会を中心に、これからも小名浜ときわ苑職員全員で
意識を高め、感染撲滅の為、力を合わせて頑張っていきたいです。


                     事務部 田中加苗   

認知症ケア~その行動について 原因を探ろう!~

2018年02月06日

こんにちは 認知症ケア専門士の保阪靖彦です!

今回は、認知症ケアの基本的な行動の原因についてお話したい思います。

その場で立ったり座ったりを繰り返す、こんな方がいると思います。

その動作を見て
「落ち着きのない人だな」
「立つと危ないな」
「困った人だな」
「立たないで欲しいな」
と思われる方もいるかもしれません。

 そこで気が付いて欲しいのは、
「なぜ立ちたいのか」「なぜ落ち着かないか」
という視点です。

「長く座っていて、お尻がしびれたのかな」
「トイレに行きたいけど行けないでいるのかな」
「居心地が悪いのかな」
など立つ事でも色々な原因が考えられます。

落ち着かない原因で最も多いのが、
便秘と脱水です。
日頃からトイレに座り排泄出来ているのか、
水分はちゃんと摂れているのかなど
確認が必要とされています。

なぜその行動をとるのか、その原因を探る事が認知症ケアの基本となります。

まずは原因を探ることから始めてみましょう。

                     認知症ケア専門士 保阪靖彦

新春のお慶びを申し上げます

2018年01月01日

あけましておめでとうございます。
旧年、皆様には大変お世話になりました。当苑としても、地域の皆様に
少しでもお役に立てるよう運営してまいりました。

老健としての役割をしっかりと地域へ果たせるように、在宅支援、在宅復帰、
包括的ケアの提供、お看取りなどに取り組んできました。
今年は介護報酬、医療報酬の同時改定の年です。
二〇二五年に向けて、日本の介護、医療の方向性が定まっていきます。

ISO品質目標である、【家族や大切な人や自分が利用したいと思える施設にする】
を目指してまりいますが、現在でも情報が行きかう中、我々の進むべき方向性も
決めていかなければなりません。
介護老人保健施設としては、地域包括ケアシステムの中核を担っていくために、
さらに地域へ目を向けていく時代だと思っています。

今年の大きな課題は、EPAによるインドネシアの介護福祉士候補者の受け入れです。
彼らに、介護のすばらしさや日本の良さを知ってもらい、母国で活躍してもらえるように
最大限援助していくつもりです。

今年は戌年です。当苑の愛犬「さくら」「もも」を飼い、初めての戌年を迎えます。
さらに皆様に愛されるよう共に歩んでいこうと思います。
最後ですが、本年も皆様のご健勝とご多幸をお祈りいたします。

介護老人保健施設 小名浜ときわ苑 施設長 小野史賀

記事タイトル一覧

介護老人保健施設 小名浜ときわ苑

介護老人保健施設 小名浜ときわ苑

福島県いわき市小名浜

☎0246-58-2300

採用情報

女性泌尿器科外来を開設しました