文字サイズ:

スタッフブログスタッフブログ


記事タイトル一覧

調理リハビリを行いました

2016年08月20日

こんにちは。
小名浜ときわ苑の在宅支援リハビリテーション部
言語聴覚士の木村元美です。

今回は調理リハビリについてお話させていただきます。

認知症の方のリハビリの一環や、
自宅での生活を控えた利用者様の家事動作のリハビリとして実施しています。

昔行っていた動作を思い出すことや
お料理がお好きだった方の意欲向上、ご自宅に帰る方で
お味噌汁やおかずを1品でも家で作りたいと希望されている方と目的は様々です。

おひとりおひとりの能力や目的を考慮し、
スタッフと利用者様が1:1でお手伝いができるように実施しています。


調理リハビリは今回で2回目の開催となりました。

前回から参加された方2名と、今回から新たに1名の方が参加しました。

自宅での生活を控えた利用者様は自宅での生活行為を想定して、
調理で使用する食材を近所のスーパーへ買い物に行きました。

前回よりも慣れた様子で、買い物カートを押しながら食材をかごに入れていきます。

その後、お会計を済ませてリュックに食材を詰め込む作業も行いました。


実は、、、この日の為に歩行練習の際はリュックに重りを入れて
約200mの距離を何週にわたって練習してきました。

そしてついにこの日が・・・・!!!!


重いリュックを背中に背負い、杖を付き一歩一歩前に足を運んでいきます。

とても安定した歩きで私たちスタッフも一安心です。
これで自宅に帰ってもお買い物に行けますね!

帰ってくるとお2人の利用者様も合流しました。

1人が洋食屋さんに長年勤めていたということもあり、
今回はハンバーグとポテトサラダ、玉ねぎとカニカマの酢の物を作りました。


包丁で食材を切り、ハンバーグの種を作ったり、ハンバーグを丸める工程も
みんなで楽しく行うことができました。

調理は実際に卓上コンロを利用し、火の管理ができるか、
一連の流れを順序立ててできるのか確認しながら行っていきました。

最後はお皿にきれいに盛り付け、利用者様とスタッフで美味しくいただきました。


料理が完成した時の皆さんのお顔がとても素敵で印象的でした。

今後も定期的に行っていけたらと考えています。

お誕生日会

2016年07月29日

こんにちは。本館ケアチームの菅原将です。


今回は当苑で開催している誕生会についてお話しさせていただきます。


小名浜ときわ苑では、毎月、利用者様の誕生日会を開催しています。


内容は、日頃の何気ない会話から言葉を思い返しながら、

利用者様がどのような事をしたら喜んでいただけるか、

誕生日プレゼントはどのような物が良いかなどを
スタッフ同士話し合って誕生日会の計画を立てています。


7月の誕生会は利用者様より

“ハンバーグ”や“うな重”が食べたい!!

との事だったので、

お食事を特別メニューにして提供させていただきました。

利用者様からは「とても美味しい」との声が聞かれ、
またクッションや靴下などをプレゼントした時は目を丸くして驚いており、
たくさんの笑顔を見せていただき、私たちもとても嬉しく思いました。

今月のお誕生日会も大成功で終わりましたが、
次回のお誕生日会も利用者様に喜んで頂けるよう工夫し、
スタッフ一同頑張っていきたいと思います。

お知らせです。

2016年07月26日

皆さん、こんにちは。在宅支援リハビリテーション部の石井光雄です。


暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?


今の時期は、湿度が高く体に熱がこもりやすいことが原因で


熱中症になりやすいと言われています。


水分補給や衣類を調節するなど、体調に気を付けてお過ごしください。



さて、

毎年恒例となっていますときわ祭ですが、今年も開催されることとなりました!!

おかげさまで「ときわ祭」も

”第21回”を迎えることが出来ます。


詳しいことは、まだお話できませんが…

これから、実行委員会を中心に綿密な打ち合わせを重ね、

小名浜ときわ苑スタッフ一同で利用者様やご家族様が楽しんでいただける

「ときわ祭」にしていきたいと思います。



皆様、「第21回ときわ祭」を十分に楽しんでいただけるような

プログラムをご用意します。


恒例の”よさこい”も、現在猛練習中です。

乞うご期待!!!



≪開催日時≫


開催日:平成27年9月4日(日) 

時間:14:30~16:30(仮)


場所:小名浜ときわ苑 駐車場

いわき市いきいきシニアボランティアポイント事業

2016年07月23日

平成28年7月11日(月)より

「いわき市いきいきシニアボランティアポイント事業」

が開始されました。

この事業は高齢者の自主的な介護予防活動及び地域福祉活動等を積極的に支援し、
高齢者自身の社会参画の促進と介護予防と
地域包括ケアの推進に寄与することを目的に開始されました。


対象者は「市内に住所を有する65歳以上の方(介護保険第1号被保険者)」で、

対象となる活動は、

・いわき市シルバーリハビリ体操指導士としての指導活動
・いわき市高齢者見守り隊としての見守り活動
・いわき市住民支え合い活動づくりモデル事業のサポーター活動
・認知症カフェ「オレンジカフェ以和貴」でのボランティア活動
・市が指定した福祉施設(高齢者、障がい者、児童関連)でのボランティア活動

となっています。

ポイントの付与があり、ポイントがたまると

・いわきの特産品等
・授産製品等
・市施設等利用券

などと交換できます。

当苑もいわき市が指定した福祉施設としてボランティア受入機関となっています。

ボランティア等、興味がございましたら、ぜひ活動してみてはいかがでしょうか。

事業への参加方法は最寄りの地区保健センター
またはボランティアの受入機関にて参加登録が申し込み可能です。


お問い合わせは地域包括ケア推進課(0246-22-1289)へお願いします。

詳しい事業内容はこちらをご覧ください。
http://www.city.iwaki.lg.jp/www/contents/1467107756180/index.html

介護職員初任者研修開講のお知らせ。

2016年06月30日

こんにちは。在宅支援相談部の会原裕子です。

4月より、第1回目の介護職員初任研修を開講致しました。
ときわ会として介護職員を目指す方々のサポートをしたい、
いわき市の介護職員不足の一助の思いから、研修の開講に至りました。

超高齢社会となり要介護者が増加する中、全国的に介護職員の不足が問題となっていますが、
いわき市でも他に類のないほどの介護職員不足が問題視されています。

現在の介護職員の業務は、より専門性が問われるようになってきており、
この研修を通して、基礎をしっかりと身に付け、継続して学びを得ながら、
利用者様の生活の質の向上を目指すことが必要です。

また、正しい技術を身に付けることにより、介護職員の職業病とも言われる
腰痛等の防止を図る事もできます。

当苑の研修の特徴は、テキストを基にした講義のほか、
小名浜ときわ苑内での施設実習を行っており、実際の介護の現場に触れる事で、
介護職員として働くというイメージが湧いていただきやすい環境となっています。

さらに、研修修了後の進路や介護技術習得までのサポートもさせて頂きます。


初任者研修で介護の基礎を学び、受験に向けてのステップアップをしていきましょう。

次回、介護職員初任者研修の受講の募集は、10月に行います。


定員がございますので、興味のある方は、

是非、小名浜ときわ苑(0246-58-2300)までお問合せください。

                        
                            在宅支援相談部 会原裕子

詳細はこちらをご覧ください↓↓

http://www.tokiwa.or.jp/welfare/onahama/shonin/index.html

記事タイトル一覧

介護老人保健施設 小名浜ときわ苑

介護老人保健施設 小名浜ときわ苑

福島県いわき市小名浜

☎0246-58-2300

採用情報

女性泌尿器科外来を開設しました