文字サイズ:

InformationInformation

【ときわ会グループ】全国初! 新型コロナウイルス感染(疑い)者搬送用車輌の導入のお知らせ

お知らせ総合 , メディア掲載 [ 2020年06月24日 ]

ときわ会グループでは、本日「新型コロナウイルス感染(疑い)者搬送専用車輌」を導入致しました。

本車輌は、今後予想される新型コロナウイルスの第2波、第3波に備え、ときわ会グループ内で発生した新型コロナウイルス感染者や疑い患者、また透析治療が必要な濃厚接触者の方などを搬送する車輌として導入しました。


なお、運転席側と後部座席側が「セパレータ」と呼ばれる専用のビニールシートで車内の空間を遮断。
また、後部座側が陰圧状態となるため、運転席側に空気が漏れず運転手の二次感染を防ぐ造りとなっています。


なお、トヨタ車で民間企業(医療機関)が専用車両を購入するのは、全国初との事です。
ときわ会グループは、今後も新型コロナウイルスの感染症対策に取り組み、安心して医療・介護のサービスを受けて頂けるよう取り組んで参ります。


※追記
6月24日放送の「福島放送ふくしまスーパーJチャンネル」「テレビユー福島 Nスタふくしま」「福島中央テレビゴジてれCHU」にて紹介されました。
また、6月25日発行の「福島民報」「福島民友」に掲載されました。


[ 前のページへ戻る ]

看護師サイト