文字サイズ:

スポーツ整形外科外来磐城中央病院

スポーツ整形外科とは?

スポーツ整形外科とは、様々な運動レベルや年代の方に対して怪我・障害の診察や治療を行う診療科です。スポーツで負った怪我の治療は、一般の整形外科の治療とは異なることもあるため、スポーツ整形外科の専門医に診てもらうことをおすすめします。

当院では、肩・膝・肘・足関節などのスポーツ傷害に対して、専門の医師が診療を担当。手術や保存療法など、患者さんそれぞれ症状に適した診療を行い、早期復帰のための術後のリハビリテーションも含め、早期の回復、スポーツへの復帰を総合的に支援します。

スポーツでの怪我は、初期治療が重要となります。「これくらいなら大丈夫だろう」「痛くても根性でがんばるのがスポーツだ」といった無理を強いるトレーニングは大変危険です。運動中に痛みや違和感を感じた際は、早期の受診をおすすめします。

スポーツの怪我

スポーツ障害

「スポーツ障害」とは、繰り返す動作の中で積み重なった歪が痛みとなることです。繰り返しす動作や過剰な練習などにより、徐々に悪化していきます。痛みを我慢して練習を続けると、症状の悪化に繋がってしまいます。過剰なトレーニングは、かえってトレーニング効果を下げてしまう場合もありますので、注意が必要です。

◯主なスポーツ障害
・野球肘・テニス肘・疲労骨折・シンスプリント
・ジャンパー膝・オスグット・半月板損傷など

スポーツ外傷

「スポーツ外傷」とは、スポーツ中のアクシデントによる突発性の怪我を指します。
主に、切り傷・擦り傷・骨折などがあり、このようなケガをした場合はできるだけ早くスポーツを中止し、可能な範囲での応急処置を行いましょう。応急処置後は、すぐに最寄りの医療機関で診察を受けることが大切です。

◯主なスポーツ障害

・突き指・打撲・骨折・脱臼・捻挫・切り傷・靭帯損傷・腱断裂・肉離れ・アキレス腱断裂など

担当医師

大歳憲一

大歳憲一

・医学博士
・日本整形外科学会 専門医
・日本体育協会 公認スポーツドクター

診療日時

完全予約制です。再診の患者さまも予約を取ってお越しください。

診療日 第2金曜日
時間 9:00〜17:00
担当医 大歳憲一 医師

予約される方は電話にて「スポーツ整形外科外来の予約」とお申し付けください。
TEL:0246-53-3511

看護師サイト