一人ひとりのため
地域に寄り添った外科診療

常磐病院外科では、胃癌・大腸癌・乳癌といった癌に対する手術を中心に、胆嚢結石症や鼠径ヘルニア、腸閉塞といった様々な治療を行っています。近年、ご高齢の患者さんや様々な疾病をお持ちの患者さんに対する手術を行う機会が増えており、手術後に様々な合併症が起こる危険性が高い傾向にあります。私たちは細心の注意を払い、手術から退院まで安全に治療が行えるよう努めています。
現在は、腹腔鏡下手術を中心に行っており、胃切除術・大腸切除術・胆嚢摘出術や虫垂切除術などの手術を腹腔鏡で行っています。また、患者さんの状態に応じて鼠径ヘルニアも腹腔鏡で手術をしています。今後は、いわき市で初めてのロボット支援下腹腔鏡手術(ダヴィンチ手術)も導入予定で、できるだけ患者さんに負担が少ない手術を目指しています。
また、福島県立医科大学肝胆膵・移植外科および消化管外科との連携も図っており、難易度の高い手術などでは専門医師を派遣していただき、手術を行っています。
外科手術は手術が済んだらそこで終わりでは決してありません。特に癌の治療などは手術がはじまりです。私たちは患者さんと一生のお付き合いをするつもりで、メスを入れています。

SECTION01

主な対応疾患

悪性疾患

胃がん
腹腔鏡手術や化学療法・緩和療法まで幅広く行っています。
今後は手術支援ロボット「da Vinci(ダ・ヴィンチ)」を活用した手術を実施予定です。
大腸がん
食道・肝胆膵がん 手術は他院の紹介あるいは福島県立医科大学 消化器外科の支援下で行うことができます。化学療法やその他の支持療法は、当院でも積極的に行っています。
緩和的治療 他院で治療を受け、当院で最後の治療を受けたいというご希望がある方に対して、積極的に受け入れを行っています。お気軽にご相談ください。

良性疾患

胆のう結石・胆のうポリープ 腹腔鏡手術を行っています。
皮下腫瘍 外科手術も可能ですのでご相談ください。
鼠径ヘルニア ご希望に応じて、開腹手術・腹腔鏡手術・ロボット手術(自由診療)を行っています。

救急疾患

2020年10月に常勤医師が5名となり、また多数の非常勤医師による支援体制により夜間・休日も含めた緊急手術に対応できる体制が整いつつあります。

急性胆のう炎 原則、発症から72時間以内の合併症が少ないゴールデンタイムに手術を行うことが可能です。また、ご高齢の方では経皮経肝胆管ドレナージ(PTGBD)も可能です。
急性虫垂炎 抗生剤による保存的治療・腹腔鏡手術が可能です。患者さんのご希望に合わせて緊急手術・待機手術を行っています。
腸閉塞 腸がねじれた状態の絞扼性腸閉塞では夜間・休日でも緊急手術が可能です。癒着性腸閉塞もイレウスチューブを改善しない場合には、臨時手術で対応しています。

SECTION02

現在の取り組みと今後の予定

積極的な腹腔鏡治療

・胃がん
・大腸がん
・鼠径ヘルニア(症例に応じてはロボット支援下手術も実施中)
・胆のう

ロボット支援下手術導入を予定

・大腸がん

鼠径ヘルニアのロボット支援手術実施

2021年4月30日(金)、ときわ会 常磐病院にて鼠径ヘルニアのロボット支援による手術を行いました。
当院では、2018年8月より福島県で初めてとなる手術支援ロボット「ダヴィンチシステム」を導入しており、泌尿器科分野において多数の手術実績を誇っております。
今回、この手術支援ロボット「ダヴィンチシステム」を用いた外科領域の鼠径ヘルニア手術はロボットヘルニア手術枠常設施設として東北初となります。
手術支援ロボットを用いた手術は開腹手術に比べ、傷や痛みが少ない手術であり従来より短期間で社会復帰をすることも期待できる先進的な手術方法となっています。
また、今回の手術にあたりロボットヘルニア手術の権威である、上尾中央総合病院の若林剛先生にご来院・ご指導を賜りました。
常磐病院では患者さんの負担を軽減できるよう今後もロボット支援による手術を実施してまいります。

SECTION03

手術実績

手術件数 2020年(1月~12月)
鼠径ヘルニア 93(43)
胆のう摘出術 33(32)
胃切除 14(5)
結腸・直腸切除 28(23)
内視鏡大腸ポリープ 191
中心静脈ポート設置 45
虫垂切除 13(12)
腸閉塞 11
消化管穿孔 8
肛門疾患 16
食道ESD 1
胃ESD 21
大腸ESD 21
ESD計 43
手術合計件数 495(115)

( ):腹腔鏡下手術

SECTION03

担当医師紹介

名誉院長 江尻 友三(えじり ともぞう)

名誉院長

江尻 友三(えじり ともぞう)

経歴

昭和50年 福島県立医科大学 卒業
昭和54年 東北大学医学部第1外科入局
昭和57年 東北大学医学部医学博士取得
昭和57年 国立仙台病院麻酔科入局
昭和57年 いわき市立常磐病院
平成22年4月 ときわ会常磐病院

保有資格等

  • 元日本外科学会指導医
  • 麻酔標榜医
  • マンモグラフィー検診読影認定医Aランク
  • 元日本消化器内視鏡学会 専門医
副院長 神崎 憲雄(かんざき のりお)

副院長

神崎 憲雄(かんざき のりお)

経歴

平成9年3月 福島県立医科大学医学部卒業
平成9年5月 福島県立医科大学医学部付属病院第1外科
平成15年10月 社団医療法人養生会かしま病院外科
平成28年4月 ときわ会常磐病院
平成31年4月 ときわ会常磐病院 副院長

保有資格等

  • 日本外科学会 専門医 指導医
  • 日本がん治療認定医機構 認定医
  • 日本静脈経腸栄養学会 認定医 指導医 学術評議員
  • 日本褥瘡学会 評議員
担当医師 黒川 友博(くろかわ ともひろ)

外科診療部長

黒川 友博(くろかわ ともひろ)

経歴

平成17年3月 筑波大学医学専門学群 卒業
平成17年4月 筑波大学附属病院 初期研修医
平成19年4月 筑波大学消化器外科
平成24年4月 筑波大学大学院人間総合科学研究科疾患制御医学専攻 博士課程 入学
平成27年7月 東京大学医科学研究所附属病院外科
平成29年7月 ハーバード大学医学部・マサチューセッツ総合病院外科 リサーチフェロー
令和元年8月 東京大学医科学研究所附属病院外科 助教
令和2年7月 ときわ会常磐病院

保有資格等

  • 日本外科学会 専門医
  • 日本消化器外科学会 専門医、指導医
  • 消化器がん外科治療 認定医
  • 日本消化器病学会 専門医
  • 日本消化管学会胃腸科 専門医、暫定指導医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本抗加齢医学会 専門医
  • 日本ヘリコバクター学会「H. pylori(ピロリ菌)感染症認定医」
  • ICD(インフェクションコントロールドクター)
担当医師 澤野 豊明(さわの とよあき)

担当医師

澤野 豊明(さわの とよあき)

経歴

平成26年3月 千葉大学医学部医学科 卒業
平成28年4月 南相馬市立総合病院 外科 後期研修医
令和1年8月 公益財団法人仙台市医療センター仙台オープン病院
令和2年10月 ときわ会常磐病院

保有資格等

  • 日本外科学会 専門医
  • 日本スポーツ協会 公認スポーツドクター
  • JATEC プロバイダー
  • 検診日本マンモグラフィー読影認定医師