文字サイズ:

骨粗しょう症外来磐城中央病院

「最近、腰や背中が曲がってきた…」
「去年より身長が1cm 以上縮んだ…」

これらの症状は骨粗しょう症によるものかもしれません。骨粗しょう症とは「骨強度の低下を特徴とし、骨折の危険性が増した骨の病気である」と定義されます。骨の強度を示す指標として「骨密度」が一般的に知られていますが、実はそれだけでは骨の強度は分かりません。

骨の構造を分かりやすく例えると「鉄筋コンクリート」です。コンクリートに相当するのが骨密度(カルシウム濃度)で、鉄筋に相当するのが「コラーゲン」といわれるタンパク質です。よって正しくは「骨強度=骨密度+骨質」で示されます。

骨密度の悪化要因としてはビタミンD不足や女性ホルモン欠乏による骨形成の低下があります。骨は常に古い骨を破骨細胞が壊し(骨吸収)、骨芽細胞が新しい骨を作って(骨形成)います。この仕組みを「骨のリモデリング」といいますが、骨粗しょう症の患者さんでは「骨破壊>骨吸収」となっており、骨密度が低下します。

骨質はコラーゲンどうしを「架橋」という仕組みで繋ぎ、その網の目構造にカルシウムを満たす役割を担っています。架橋は通常、正常な酵素反応で繋がっていますが、「最終糖化産物(AGEs)」という異常物質による架橋も存在します。AGEsによる架橋は柔軟性に乏しく、例え骨密度が正常でも骨折の危険性が高まります。AGEsは、体内で血糖値が急激に高まることにより、酵素などのタンパク質に糖が異常に付着し機能を失い、さらにその異常タンパク質が組織に沈着することで細胞や臓器の機能障害を引き起こします。糖尿病の患者さんが骨密度は正常なのに骨折しやすいのは、この一例です。

残念ながらAGEsを減らす薬物はありません。またAGEs量の検査も保険診療では行えません。
当外来では、保険診療の範疇で一般的な検査や治療を行う場合と、AGEs測定や血中ビタミンD濃度測定や天然型ビタミンD処方などを含んだ自由診療を患者さんの自由意志で選ぶことが可能です。

自由診療の価格

1)検査

骨年齢セット
(骨密度、AGEs、ビタミンD3 (25(OH)D3)、副甲状腺ホルモン、ソイチェック)
〜税込12,000円
既に骨密度を測定されている方 税込9,000円

2)サプリメント

ビタミンD3 4,600円(120錠、1錠ビタミンD1,000単位含有。通常2-5錠を1日に内服)
カルシウム&マグネシウム 3,000円(90錠、1日3錠を内服)
エクエル 4,400円(112錠、1日4錠を内服)

※サプリメントは食品なので、通常、副作用と思われる有害事象は起きませんが、
 内服後不調を感じた場合は医師にご相談下さい。
※サプリメントは医薬品ではないので、内服しても十分な効果が認められないことがあります。

診療日時
診療日/木曜日(午後)
時間/ 14:00~17:00
担当医/小松恒彦医師
お問い合せ先
0246-53-3511

看護師サイト