文字サイズ:

血液専門医による貧血外来磐城中央病院

「最近疲れやすい・・」
「健診で貧血といわれたけど、どこにかかればいいのか・・」

貧血の症状は、だるさ、疲れ、息切れ、頭痛、肩こり、立ちくらみなど様々です。
また健診で貧血を指摘されたものの「どの病院の何科にかかればいいのか?」と迷われることもあるでしょう。
2006年に健康な日本人女性13,000人を調べたところ50歳未満の22%が貧血で、さらにその中の25%がヘモグロビン値が10g/dl未満の高度貧血であったと報告されています。

貧血の原因は年齢や性別によって異なります

  • 若い女性〜月経出血による鉄欠乏性貧血
  • 中高年では胃や大腸のがんやポリープからの出血
  • 偏った食生活
  • 激しいスポーツ( スポーツ貧血)
  • 妊娠(妊娠後期に胎児への鉄供給が高まる)
  • 萎縮性胃炎や免疫異常によるビタミンB12吸収不良による巨赤芽球性貧血
  • 血液細胞そのものの異常(白血病及び類縁疾患)

治療内容

多くの貧血は治療可能で、短期間で効果を実感できます。
スポーツ選手ならば成績が向上します( もちろんドーピングとは異なります)。
以前、鉄剤が飲めなかった方もご相談下さい。様々な工夫があります。

「血液専門医」が貧血外来を行なっています

診療日時
診療日/木曜日(午後)
時間/ 14:00~17:00(予約不要)
担当医/小松恒彦医師(前帝京大学医学部血液内科教授)
お問い合せ先
0246-53-3511

看護師サイト