文字サイズ:

すこやかコラムすこやかコラム

動脈硬化検査CAVIについて

動脈硬化検査CAVIについて

自覚症状がない動脈硬化症を簡単にわかる検査法の1つにCAVI(キャビィ)・ABI(エービーアイ)があります。検査部で行っているCAVI・ABIについて、簡単にご説明します。

CAVI

心臓から足首までの動脈の硬さを表すものです。(心臓足首血管指数)
動脈は血液を全身に送るポンプの役目を果たしていますが、血圧によって動脈がどのように変化(しなやかさ)するのかを測定するものです。

CAVI

ABI

心臓から足首までの動脈の詰まりを表すものです。主に下肢動脈の狭窄や閉塞などの指標となります。

ABI

検査方法

検査方法ベットにあおむけに寝た状態で両腕・両足・両足親指に駆血帯を巻き、胸に心音計を付けます。その状態から加圧して5分位で測定終了となります。

最後に

最後に動脈硬化症の検査でのCAVI・ABIは、簡単で早く出来て患者様の負担にならず、生活習慣病のマーカーやフォローアップに大変有用な検査の1つと考えられます。
一度検査を受けてみてはどうでしょうか。自分の血管の状態が分かりますよ。
その他の動脈硬化症の検査には、血圧測定・血液検査・頸動脈エコーなどがあります。

常磐病院 臨床検査部
新藤 康博