ときわ会海外事業部とは?

「ときわ会海外事業部」は、介護分野における外国人技能実習生(※主にミャンマー)を専門に受け入れる監理団体としての活動や、介護分野における「特定技能制度」の登録支援機関として、支援計画の作成等をおこなっています。

設立の目的

海外の人材が日本の介護技術や知識の習得を通じ、帰国後母国の発展を担う「人づくり」に寄与すると共に高い専門性を維持するための介護人材の育成により、福祉・介護事業等を通じた地域貢献に取り組みます。

事業内容

海外の送出機関と福島県内の受入施設(※介護職種)との橋渡し的な役割だけでなく、以下の取り組みも行います。

  • 介護関連施設で働くための人材を受け入れ希望の施設に対して送り出す支援
  • 受入施設への技能実習計画の作成指導
  • 入国後講習の実施
  • 受入施設への定期的な監査や訪問指導
  • 技能実習生からの相談等の対応

近年、福島県内においても観光客や外国の方の働き手の増加など、グローバル化が進んでおります。福島県内の介護職種の皆様におかれましても、組織の活性化や国際化を見据え、外国人技能実習生の受け入れをご検討されてはいかがでしょうか。

お問い合わせ


ときわ会海外事業部(以下「当事業部」といいます)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

個人情報の管理

当事業部は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

個人情報の利用目的

お客さまからお預かりした個人情報は、当事業部からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

個人情報の第三者への開示・提供の禁止

当事業部は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。

  • お客さまの同意がある場合
  • お客さまが希望されるサービスを行なうために当事業部が業務を委託する業者に対して開示する場合
  • 法令に基づき開示することが必要である場合

個人情報の安全対策

当事業部は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

ご本人の照会

お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

法令、規範の遵守と見直し

当事業部は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

お問い合せ

当事業部の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。

ときわ会海外事業部

〒972-8322 福島県いわき市常磐上湯長谷町湯台堂135-196

TEL:0246-80-8388

プライバシーポリシーに同意する

外国人技能実習制度(監理団体)について

「外国人技能実習制度」とは?

外国人技能実習制度は、1960年代後半頃から海外の現地法人などの社員教育として行われていた研修制度が評価され、これを原型として1993年に制度化されたものです。

技能実習制度の目的・趣旨は、我が国で培われた技能、技術又は知識(以下「技能等」という。)の開発途上地域等への移転を図り、当該開発途上地域等の経済発展を担う「人づくり」に寄与するという、国際協力の推進です。
制度の目的・趣旨は1993年に技能実習制度が創設されて以来終始一貫している考え方であり、技能実習法には、基本理念として「技能実習は、労働力の需給の調整の手段として行われてはならない」(法第3条第2項)と記されています。

技能実習制度の内容は、外国人の技能実習生が、日本において企業や個人事業主等の実習実施者と雇用関係を結び、出身国において修得が困難な技能等の修得・習熟・熟達を図るものです。期間は最長5年とされ、技能等の修得は、技能実習計画に基づいて行われます。

申し込みから
雇用契約までの流れ

1

技能実習生
受け入れ申し込み

外国人技能実習生の受け入れを希望する場合は、まず「ときわ会海外事業部(電話0246-80-8388)」へご連絡下さい。

2

応募・人材募集

お申し込み後、公益財団法人ときわ会 海外事業部から海外の送出機関に連絡し、要件を満たす人材の募集を行います。

3

面接候補者選定

送出機関が募集要件を満たす応募者の中から、受入施設と面接を行う候補者を選定します。

4

面接・決定

面接候補者が決まった後、面接を行い実習生を決定します。

5

雇用契約

決定後、受入機関と技能実習生との間で雇用契約を結びます。

技能実習生の
入国・実習・帰国までの流れ

※「公益財団法人 国際協力人材機構」より

技能実習生は、まず「技能実習1号」からスタートし、試験を合格することで2~3年目は「技能実習2号」を取得します
(※なお4~5年目については、優良な監理団体・実習実施者(受入施設)に限定した拡充措置となります)。
その後、技術や知識を学んだ技能実習生達は、身につけたスキルを母国で活かしていく事となります。

特定技能制度について

特定技能制度とは?

在留資格「特定技能」は、特定産業分野に属する相当程度の知識又は経験を必要とする技能を要する業務に従事する外国人向けの在留資格です。技術移転による国際貢献の「技能実習制度」とは異なり、人手不足に対応するため、一定の専門性・技能を持つ即戦力となる外国人を受入れる制度となっています。

特定技能外国人の支援には専門的な内容があるため、特定技能外国人を雇用する会社(特定技能所属機関)自身で実施するのは難しいケースがあります。 そのため「ときわ会海外事業部」は、介護分野における特定技能の登録支援機関として、支援計画の作成や、特定技能1号の活動を安定的・円滑に行えるよう支援しています。

「特定技能」と「技能実習生」の違い

特定技能と技能実習生の違いは「転職の可否」「在留期間の違い」「業務経験の有無」「監理団体を通すかどうか」などがあります。技能実習生は「海外の業務経験を積んで自国でその技術を生かすために来日する研修生」であるのに対し、特定技能は「即戦力の助っ人外国人」と考えると分かりやすいでしょう。

介護分野における特定技能

「特定技能」という在留資格には、「1号」と「2号」の2種類があり、2020年9月現在、介護職種は「1号」でのみ認められています。

特定技能外国人の受入れまでの流れ

「特定技能制度」は、外国人本人との直接雇用が原則となります。受入れ機関は、特定技能外国人への支援を実施しなければなりません。
支援する内容は、下記「受入施設が必要な手続き」を参照ください。

支援業務については,登録支援機関に支援計画の一部又は全部を委託することもできます。 登録支援機関とは、特定技能の外国人労働者と受入施設双方をサポートする機関です。
ときわ会海外事業部は、介護職種の登録支援機関として、委託された一部あるいは全ての支援業務を受入施設に代わって行います。

 なお、特定技能外国人を募集・面接・採用するには、「日本国内に滞在している外国人」を対象とするパターンと「海外在住の外国人」の2つのパータンがあります。

受入施設が必要な手続き

特定技能を活用し外国人を雇用する際には、以下のような手続きおよび支援が必要となります。

・特定技能外国人支援計画の策定
・支援計画10項目の実施

  1. 事前ガイダンス
    雇用契約締結後,在留資格認定証明書交付申請前又は在留資格変更許可申請前に、労働条件・活動内容・入国手続・保証金徴収の有無等について、対面・テレビ電話等で説明
  2. 出入国する際の送迎
    入国時に空港等と事業所又は住居への送迎
    帰国時に空港の保安検査場までの送迎・同行
  3. 住居確保・生活に必要な契約支援
    連帯保証人になる・社宅を提供する等
    銀行口座等の開設・携帯電話やライフラインの契約等を案内・各手続の補助
  4. 生活オリエンテーション
    円滑に社会生活を営めるよう日本のルールやマナー、公共機関の利用方法や連絡先、災害時の対応等の説明
  5. 公的手続き等への同行
    必要に応じ住居地・社会保障・税などの手続の同行、書類作成の補助
  6. 日本語学習の機会の提供
    日本語教室等の入学案内、日本語学習教材の情報提供等
  7. 相談・苦情への対応
    職場や生活上の相談・苦情等について、外国人が十分に理解することができる言語での対応、内容に応じた必要な助言、指導等
  8. 日本人との交流促進
    自治会等の地域住民との交流の場、地域のお祭りなどの行事の案内や参加の補助等
  9. 転職支援(人員整理の場合)
    受入れ側の都合により雇用契約を解除する場合の転職先を探す手伝いや、推薦状の作成等に加え、求職活動を行うための有給休暇の付与や必要な行政手続の情報の提供
  10. 定期的な面談・行政機関への通報
    支援責任者等が外国人及びその上司等と定期的(3か月に1回以上)に面談し、労働基準法違反等があれば通報

お問い合わせ

「特定技能」に関するお問い合わせは「ときわ会 海外事業部(☎0246-80-8388)までご連絡ください。

所在地/福島県いわき市常磐上湯長谷町湯台堂135-196
E-Mail/info-gino@tokiwa.or.jp
FAX番号/0246-80-8385

組織概要

組織名称ときわ会海外事業部
派遣地区福島県内
受入職種介護職
所在地福島県いわき市常磐上湯長谷町湯台堂135-196
電話番号0246-80-8388
FAX番号0246-80-8385
E-Mailinfo-gino@tokiwa.or.jp