ときわ会 常磐病院

消化器内科 GASTROENTEROLOGY

患者さんの負担を緩和する
病変に合わせた適切な処置

常磐病院では、2019年4月より消化器外科・内科で連携を図り、消化管・膵臓・胆道・肝臓など、消化器疾患について幅広く診療を行っています。
2020年9月からは外来でも大腸ポリープ切除を開始しており病変に応じてコールドスネアポリペクトミー(Cold Snare Polypectomy:CSP)やホットスネアポリペクトミー(Hot Snare Polypectomy:HSP)・内視鏡的粘膜切除術(Endoscopic Mucosal Resection:EMR)・内視鏡的粘膜下層剥離術(Endoscopic Submucosal Dissection:ESD)を適切に使い分けています。

SECTION01

主な対応疾患

  • 大腸ポリープ
  • 胃がん
  • 消化器管出血
  • 大腸がん
  • 胃潰瘍
  • 胆管がん
  • 炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病、腸管ベーチェット病など)

その他、消化器レントゲン検査(胃・大腸)、消化管内視鏡検査も多数行っています

SECTION02

治療内容

内視鏡的粘膜切除術(EMR)

EMRは患部の下に薬剤を注入して「スネア」と呼ばれる輪っか状の器具に電流を流し、異常が見られる患部を切除する方法です。

1.薬剤を注射

生理食塩水を注射

2.スネアをかぶせる

スネア(輪状のワイヤー)をかぶせる

3.スネアを縮める

通電しながらスネアを縮める

4.切除完了

切除完了と同時に切除組織を回収する

コールドスネアポリペクトミー(Cold Snare Polypectomy:CSP)

CSPはEMRと異なり通電していない状態のスネアを異常が見られる患部にかぶせ、スネアを縮めて切除する方法です。

1.マーキング

スネア(輪状のワイヤー)をかぶせる

2.スネアを縮める

EMRを違い通電せずにスネアをちじ

3.切除完了

切除完了と同時に切除組織を回収する

内視鏡的粘膜下層剥離術(Endoscopic Submucosal Dissection:ESD)

ESDはEMRやCSPより大きく病変している患部に対して有効な方法で患部の下に薬剤を注入し切開、専用ナイフを用いて粘膜下層の剥離切除を行う方法です。

1.マーキング

病変の周辺に目印をつける

2.薬剤を注射

薬剤・生理食塩水を注射する

3.切開

マーキングを取り囲むように切開する

4.粘膜下層の剥離

専用ナイフで病変を少しづつ慎重にはぎとる

5.切除完了

ナイフを使って最後まで剥離する

3.止血

表面に止血処置をし、病変部は回収する

内視鏡的逆行性膵胆道造営検査(ERCP)

ERCPは胆管・胆嚢・膵臓などに対する検査・治療で、内視鏡カメラを口から入れて十二指腸まで挿入、造影剤を注入してレントゲン撮影を行います。

内視鏡的乳頭切開術(EST)

ESTは十二指腸乳頭(総胆管の十二指腸への出口)を広げる目的で乳頭部分を内視鏡を通し挿入する電気メスにより切開する処置です。ERCPから継続して行われる処置で総胆管結石治療やステント挿入時に必要となります。

SECTION03

担当医師紹介

澤野 豊明(さわの とよあき)

澤野 豊明(さわの とよあき)

経歴

平成26年3月 千葉大学医学部医学科 卒業
平成28年4月 南相馬市立総合病院 外科 後期研修医
令和1年8月 公益財団法人仙台市医療センター仙台オープン病院
令和2年10月 ときわ会常磐病院

保有資格等

  • 日本外科学会 専門医
  • 日本消化器外科学会 専門医
  • 消化器がん外科治療 認定医
  • 日本消化管学会 胃腸科認定医
  • 日本スポーツ協会 公認スポーツドクター
  • JATEC プロバイダー
  • 検診日本マンモグラフィー読影認定医師