文字サイズ:

すこやかコラムすこやかコラム

病院のお仕事体験! ~中学生の職場体験学習受け入れ報告~

常磐病院では、中学生の職場体験学習を受け入れています。地域に密着した病院事業の一環として、看護部が窓口となり毎年実施しております。
職場体験学習の目的として次の3つがあげられます。

  • 勤労生産・奉仕的活動を体験することにより、勤労の尊さや意義を学ぶ。
  • 実際の現場で、実体験をすることにより、将来の職業選択の参考にする。
  • 職業に誇りと責任を持って働く人々に直接触れることにより、職業や進路に関わる啓発的な体験を得る。

平成24年度は、市内4校の中学生の職場体験を受け入れることになりました。
今回は、7月11日(水)、12日(木)に行われた女子中学生4名の職場体験を報告します。

1日目の体験実習

9:00 病院到着 緊張した様子で病院に到着。
10:00 社会支援部 ソーシャルワーカーの仕事について説明しました。
10:30 臨床工学部 人工呼吸器を点検する様子を見学していただきました。
11:00 薬剤部 薬局内にある点滴や内服薬を説明し、院内で調剤する様子を見学していただきました。また、実際に分包機で粉薬の準備を体験していただきました。
11:30 臨床検査部 心電図や超音波検査について説明しました。
12:00 昼休み  
13:00 栄養部 管理栄養士の役割について説明しました。
13:30 医事課 受付・会計の仕事について説明しました
14:00 白衣試着 看護師になりきるため、ナースのユニフォームを試着していただきました。
14:30 1日の振返り 事前に提出されていた質問にお答えしました。
・外来の看護師さんは何人いるのですか
・患者さんと接するときに注意することは何ですか
・診療科はどのくらいあるのですか・・・等
1つずつ丁寧に説明しました。
15:00 1日目職場体験終了  

2日目の体験実習

9:00 集合 ナースのユニフォームに着替えての実習になりました。学生さんは最初恥ずかしそうにしていましたが、着替えが終わると鏡を見て髪型を気にするなど、身だしなみの確認を行っていました。
10:00 看護部 透析 透析センターにずらりと並んだ透析装置の中、透析看護師の業務について説明しました。装置を興味深く覘いていました。
外来 外来の様子を見学していただきました。
病棟 院内を案内し、実際に患者さんと一緒にリハビリ体操を行っていただきました。掛け声をかけながら足を上げたりして、楽しく実施していました。また、車いすの介助や車いすで廊下を自走するなど患者さんの疑似体験を経験していただきました。食事の配膳では、患者さんへしっかりと声かけして配膳していました。
12:15 昼休み  
13:15 放射線部 放射線科にある様々な機械の説明をしました。MRIを実際に操作して磁気の威力を実感するなど、真剣に学習していました。
14:30 1日の振返り 今回の職場体験での質問を受けました。
・院内の車いすは何台ありますか
・多くの患者さんが来るのは何時頃ですか
・看護師をやっていて良かったことは何ですか・・・等
予定時間をオーバーするほどの質問がありました。
ノートに一生懸命まとめていました。
15:00 職場体験終了 正面玄関より元気に帰られました。

2日間を通して、院内で働く様々な職種について役割と業務内容を説明しました。学生さんが病院の仕事に興味を持っていただけるよう部署ごとに工夫をして実施しました。説明することで、私たちも日々の業務を振り返る大変良い機会となりました。

今回の職場体験を経験した学生さんより後日、お礼状を頂きました。一部を紹介します。

  • 先日はお忙しいところ私たちの体験学習にご協力頂きありがとうございました。車いすの体験では、乗っている人と押す人の両方を実感できたので良かったです。
  • 一番印象に残っているのは、放射線技師の方々の説明です。実際に放射線機器を動かしたり、操作したりできてとても感動しました。

最後に、今回の経験を通して感じていただけたことを、将来の進路に結び付けていただければ幸いです。今後も積極的に職場体験の受け入れを実施して行きたいと思います。

常磐病院 看護部
松本瑠実子